TOP > 気になる番組 〜OL限定部屋〜

気になる番組 〜OL限定部屋〜

ワイドショー、バラエティからニュース番組まで、ドラマ以外のTV番組については、こちらへどうぞ。

気になる番組

その番組について貴女が思うことをどうぞ。

みなさんのコメント

[No.2485]

うん、フランス、イギリス、ドイツ=全世界ではないよね。

[No.2484]

2481さんとは別の者ですが。そもそも2470さんは、欧米だけの話をしていないと思いますよ。2470さんはちゃんと「東南アジア」って書いてるし、2481さんも「アジア」って書いておられます。2482さんが紹介してくださったエピソードのほうが、あなたの説よりもうなづけます。

[No.2483]

だから、制作サイドの意訳が優先されてると思いますって、最初に書きましたけど。何か、変に自分の意見を頑なに主張して、意地になってる感じですね。イギリスでも、ドイツでも、やはり、職人気質な方が店主だったりするので、サービスって概念とは違うんですけど、欧米は、日本より、階級社会なので、言葉使いも違いますから、そこら辺の訳によるニュアンスの違いを砕けた言葉で表現しようとする意図もあるかもしれないです。

[No.2482]

昔よくテレビでやってた「UFOを見た外人(おそらくアメリカ人)」の吹き替えが、「そうさ、おれは確かに見たよ〜」「驚いたぜ〜」のノリだったので、すべてのテレビ局が、外人と言えばそのように吹き替えればいい、と思ってしまったようです。

[No.2481]

なんか論点が違う気が。フランスは知らないけど、アメリカのレストランでは、「どうだい?」などとフレンドリーなことが良い接客であると考えられています。で、「外人吹き替え」と言っても日本ではアメリカ人中心だから、その「フレンドリーなノリ」が、すべての外国で同じだと考えて、外人吹き替えはすべて「どうだい?」のノリでやっちゃってる。そのアバウトさが違和感のある原因だと思います。「どうだい?」なんてノリはアメリカとイタリアくらいです。東欧やアジアで言うわけがない。

[No.2480] 外人吹き替え

サービスが存在すると思ってるのは、経営者、または、支配人の教育があっての話。普通、サービス料金(チップ)を払わないと、そういうことをしない。チップなしで顧客サービスをマナーとしてやる日本人の接客が珍しいんですよ。実際に海外で支店長をやってた人の話で(フランス)す。

[No.2479] スカッとジャパン

相変わらず、気の弱い人が自分で何も解決出来ず、たまたま通りかかった他人に助けてもらう、というストーリーばかり。なぜ自分で言わない? 日本人だから? たまたま他人が通りかからなければ、そのままなの?

[No.2478]

旅番組でガイジンに道を聞いたら、どんなガイジンでも、少女でもお婆さんでも「まっすぐ行けばいいのよー」って吹き替えるのも不自然。ガイジン=フレンドリー、ってパターンで、友近あたりがパロディにしそう。

[No.2477]

確かに「美味いだろーうちの自慢さー」は多いですね。(笑)パターンとしてのガイジン、なので、どれも同じなのでは?

[No.2476]

「海外の方には接客として顧客にサービス(奉仕)するって精神が基本、存在しない」ってことは無いよ。欧米レストランで「サービス料」「チップ」を取るところは多いよ。「自分の時間を金の為に切り売りしている」なら、なおさらその間は顧客サービスに徹するよ。それより、2470さんが書いているのは「アメリカ、ヨーロッパ、東南アジア、すべての吹き替えが判で押したようにおなじ口調」という、日本のテレビ局の紋切り型の吹き替えでしょう。欧米も東南アジアも、レストランも屋台も、口調が違うはずなのに、紋切り型で「美味いだろーうちの自慢さー」は無いでしょう…という。

[No.2475] 言葉の吹き替え

多分、吹き替えというか、意訳が制作者の意図として優先されてるから、翻訳(通訳)者がそういう訳し方をさせられてるんだと思う。海外の方には、接客として顧客にサービス(奉仕)するって精神が基本、存在しないので、店で商品を販売するのは、店の商品を誇りに思っているからで、同時に客に喜んでもらうために販売しているのではなく、自分の時間を金の為に切り売りしているための仕事で、かつ、客もその商品が欲しいから買いに来ているのであって、店員のサービスを求める為じゃないんです。商売の基本姿勢が日本とは全然違うから、そこを理解してないと、訳すのはちょっと難しいと思います。

[No.2474]

スタジアムコンサートも、ザ・タイガースが日本初ですよ。

[No.2473] 西城秀樹の特集

武道館でコンサートをやった初めての日本人アーティスト、という言い方が不正確らしい。本当に初めてやったのは、ザ・タイガース(沢田研二)。さらに、矢沢永吉も「初めてのアーティスト」と自称してるけど、初めての「ソロ」「ロック」アーティストに過ぎないとか。矢沢永吉より南こうせつの方が早いから。沢田研二、西城秀樹、南こうせつ、矢沢永吉の順らしいです。

[No.2472] ↓↓

「美味しいですね」〜「ありがとうございます」という感じだと思う、外人側の気持ちとしても。

[No.2471]

既存パターンで仕事して、あまり考えてないんですよ。他の仕事でもありがち。

[No.2470] 外人吹き替え

映画ならともかく、旅番組などで日本人レポーターが外国のレストランに入り、外人従業員が現地語で対応した場合、日本語吹き替えがヒドい。初対面のお客様に、従業員が「ほら、焼き上がったぞ」「うまいだろ」なんて言うわけがない。しかも、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジア、すべての吹き替えが判で押したように、日本レポーター「美味しいですね」〜外人従業員「そうだろー」なんて、そんなバカな!? 単に「サンキュー」と言ってるのに、なんで「そうだろー」と吹き替えるの?

[No.2469]

第三者が問題ある人に赤っ恥をかかせて、「その後、迷惑おばさんはちょっぴり大人しくなりました」とナレーションで締めるパターンばかり。恥で一時的に大人しくさせただけだし、何より、いつも第三者に頼る解決策が不快。子供じゃないんだから、自分で問題解決しろよ!

[No.2468]

そうなんだよね。で、第三者によって相手に多少のダメージがあったからといって、相手も本人に申し訳ないなって思うわけじゃなく。十分くらい観てみたけど嫌気がさしてしまった。

[No.2467]

はっきり自分の意見を言わない(言えない)人が困ってるところへ、第三者が助け舟を出すパターンばかりだよね。第三者が居なければ解決しないって、本人の経験値は全然上がらない。

[No.2466]

これ、スカッとする?私はイライラする。なんか根本的な解決になってないものばっかりだし。

[No.2465] スカッとジャパン

再現ドラマ、すべてのドラマに全員「スカッと」が点灯。だったら、コメンテーター無しで、再現ドラマだけでいいのでは?

[No.2464]

芸能事務所にしたら、「私たちは、所詮、鮎をとる鵜飼いの鵜みたいなもの」と、PUFFYが言っていたのと同じでしょうね。事務所を独立すると、事務所にはスマップとしての収入がなくなる訳だから、損失しか考えない。で、育ての親を出し抜いたと仕事を回さないよう、嫌がらせをするんでしょう。芸能事務所なんて、結構、自転車操業なのかも。

[No.2463]

事務所から独立したら、前の事務所から敵対視される…というのは、能年里奈あたりだと育成費用を回収できていないからわかるけど、SMAPでさえ敵対視されるというのは、十分貢献したと思うので、不当な気がする。

[No.2462]

女性だったら、ヌード写真集なんでしょうね。

[No.2461]

テレビ局を介さないコンサートなどはできるけど、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人だけで歌える歌は無いし、お芝居なんかもできないのかもね。だから、ネットTVのバラエティ番組と、CM(局は関係ない)しか仕事は無いのでしょう。

[No.2460] 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾

ジャニーズ事務所を辞めた稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、やっぱり仕事が激減。ジャニーズ事務所から「この3人を使わないように」とテレビ局には(暗に)通達があるらしい(使ったからと言って、露骨なことはできないらしいけど)。よほどつきあいが深かったドラマプロデューサーが、局の反対を押し切ってくれてやっと1本…みたいな仕事だけ。芸能界は実力の世界だと思っていたけど、しょせん「権力」「テレビ局との癒着」の世界なんですね…。

[No.2459]

朝のニュース番組で、どの局でもキャピキャピの女子アナたちが「羽生クン素敵ですぅ」とか、ファンと何ら変わらない発言を繰り返すのにもウンザリ。こういう女子アナたちがキャピキャピとインタビューして、スポーツ選手と結婚するんでしょうね。結婚相手探しに入社する女子社員と変わらない。

[No.2458]

オリンピックのメダリストは、引退後に、タレントや解説者として、芸能界入りが濃厚だから、今のうちから、コネ作りのつもりもあるんじゃないかな。メダリストにまでなれば、そのスポーツの有力者だから、その人経由でイベントや試合のチケットなんかも、入手出来るだろうしね。得する人脈作りの一環でしょう。

[No.2457]

同じテレビに出る仲間では、自分が大先輩という感じなんだろうね。

[No.2456]

中居正広が「羽生クン」とか言うのも気になる。

↑PAGE TOP


モバイル

QRコードで、アクセス!

会社生活の友 QRコード

http://kaishaseikatsu.jp/m/

そうだ京都、食べよう。